光脱毛方式は肌の負担が少ないと言いますが

光脱毛施術は肌の負担が少ないと言いますが少ないと言うことは肌の負担はあるわけで・・・。それがどの程度なのか知りたいです。これから脱毛サロンを利用したいと考える人にとってこれは当然の疑問なのです。

何と比較して肌の負担が少ないと言っているのか、もしかしたら医療レーザー脱毛と比較して言っているのかもしれません。医療レーザーは出力が高いので当然肌の負担は大きくなります。それと比較して肌の負担が少ないと言っているのなら判断材料の一つになります。

光脱毛は今では家庭用脱毛器でもできるようになりましたね。大型電気店の脱毛器コーナーへ立ち寄るといろんな家庭用脱毛器が置いてありますが、それらのほとんどは光脱毛方式です。光をぴかっと瞬間的に肌に当てて毛根を弱らせる方法ですね・・・。

お試しで使ってみたことがありますが、ぴかっと光った瞬間まぶしいですが肌に熱さは思ったより感じませんでした。これなら自宅でひとりでも脱毛ができると感じました。

これと似たようなことを脱毛サロンでも行っているんですよね・・・。家庭用脱毛器とは出力が違うと思うので脱毛サロンへ行った方が早くきれいになるのでしょう。肌の負担も考慮して考え中です。

医療脱毛の痛みには徐々になれていくような工夫あり

医療脱毛は脱毛サロンでおこなわれているレーザー脱毛よりも、やや照射の出力は強めです。ですから脱毛サロンで受けるレーザー脱毛と比べますと、痛みに関してもやや強めだとは言えますね。しかしその分、医療脱毛のレーザー照射は効果にしてもサロンよりも高いものですから。

「けれども医療脱毛の痛みが気になって…」と不安に思う人もいるでしょう。しかしまあ、医療脱毛の痛みにしても「慣れる」んですよ。ビカッと照射される痛みにしてもだんだんと慣れていきますから。最初こそ「なにこの医療脱毛の痛み!痛みっていうより刺激じゃん!」ぐらいの反応になってしまうかもしれませんが、けれどもそのような医療脱毛の刺激に対しても不思議となれていってしまうのですよね。

それに医療脱毛にしましても、最初はレーザー脱毛の出力レベルを下げてくれたりもしますから。それで徐々に慣らしていって、最後の方の段階では医療脱毛で行える範囲内での最大限の照射にだって慣れたものになるのです。

とはいえ、私個人はマックスの出力レベルでも平気なものでしたけれど。それに皮膚もノーダメージに感じましたし。まあ痛みも個人差によるところは大きいですね。ただ、医療脱毛にしましても徐々に慣れていくものですから。

30代、初めての脱毛体験

30代、初めて脱毛をクリニックで開始いたしました。今まで、お金をかけても、私の濃いむだ毛には意味がないのではないかと思い、諦めていました。過去に相談にいったときに、私はむだ毛が濃いので、なかなか結果がでないかもしれない••と言われたことがあるからです。お金もかかるし、自分で処理を一生していれば、生きる上で困ることはないし••と思い諦めていました。しかし、ついに友人の誘いで、自分の収入で通えて実績もあるクリニックでレーザー脱毛をしてきました。そこは行きたいときにいって、やった分だけを払うクリニックだったので、自分のペースでいけて良かったです。ちゃんとお手入れをしてからいったのですが、わたしの足を見て、結構濃い方ですね••もしかしたら効果がはっきりでないかもしれません。といわれてしまいました。わかってはいましたが、それでもしばらく通ってみる覚悟でした。実際にやってみて、痛みは••場所によります。腕やワキは痛くはなかったです!ちょっと感じるくらいでした。しかし、足部分のひざ下が痛かったです。一番濃い部分ですね。皮膚の下に黒い毛が残っているからなのか••はじめての時はかなり私は痛かったです。毛の薄い友達は全然大丈夫だったそうですが。何回か通っていると、本当に毛がだいぶ生えてこなくなりました!私の濃い毛でもちゃんと効果がありました!私は行ってみてよかったです!